事故物件×留学生エロマンガ無料ネタバレ/片言金髪娘が幽霊ち〇ぽでイキ狂う❤

1度は金髪娘と死ぬほどヤリまくりたい・・・!
そんなよからぬ事を考えたことがあるあなたにはw

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

というエロ漫画がオススメ!

憧れに日本に留学にやってきた金髪娘のサーニャ。

家賃が安いという理由だけでいわくつきの事故物件に住むことにww
 
しかもその事故物件にはえっちな幽霊が住んでいて・・・w
 
毎日えっちなおま〇こに幽霊の極太杭打ちピストンくらっちゃいます❤

 

事故物件×留学生 気絶するほどに朝まで激しく幽霊ち〇ぽを打ち込まれちゃう金髪娘がエロ過ぎ❤

事故物件に住み始めた金髪巨乳の留学生サーニャは毎晩のように淫乱な夢を見るようになてしまった。
幽霊の存在など信じていないサーニャであったが、きっとこの部屋には男の幽霊がいると思い始めるのであった。

そして真夜中の静まり返った時間に、なかなか寝付けないサーニャは部屋の異変に気付くのであった。
押入れの襖がスーッと開き始めるではないか。

「あっ」と小さな声を上げたサーニャだが金縛りにあったかのように身体が全く動かないw

しかし、自然と両足が開き始め出産ポーズの様なM字開脚の状態になっていた。
そしてサーニャのアソコはどんどん熱くなっていきしっとりと濡れ始めるのであった。
「あーっ・・・」。薄い壁のアパートで必死にあえぎ声をこらえるサーニャだが声はどんどん大きくなっていく。

あまりの気持ちよさに腰を左右に振っていると下着が横にズレて遂にサーニャのアソコが露わになった。

すると熱く大きなモノがサーニャの中に入ってくるのが分かった。
「うぉ~~ん」とサーニャは今まで上げたことのない獣の様な声を部屋中に響かせた。

金縛りから解放されたサーニャは両手で自分の大きな胸を揉みながら
幽霊の大きなモノを受け入れ続けるのであった。気が付くと朝になっていたww

下着も布団もビショビショであったが現実なのか夢だったのかも分からないサーニャは、
トイレに行き用を足すとそのまま自分の手をアソコにあててオナニーを始めるのであった。

こうしてサーニャの1日が始まって行く。本当に日本に来て良かったと思うサーニャであった。

事故物件×留学生 ずーっとエロくてずーっとヌけるシーンが続くのでとにかくコスパ良しww

まずフルカラーで描かれた女の子が可愛いし、身体が凄く綺麗で柔らかそう。
肌のテカリもリアルで、触ったら気持ち良いんだろうなと思うような子が、
見えない何かに蹂躙されているのが凄く興奮します。

女の子もとにかくずっと気持ち良さそう。
とろけるような表情と汁感が凄くエッチで、嫌がらないから罪悪感みたいなのは全然感じないで楽しめるのが良いです。

むしろ幽霊が来るのを待ちわびてるようなので、
いいぞもっとやれって気持ちになります笑

気持ちいいこと好きなのがもう色んなシーンで溢れてて、
健康的な色気みたいなのが満載です。

個人的にはトイレでのカットが最高に抜けます。
ぐちょぐちょ大洪水になったま◯こと蕩けた表情が一緒に見れる構図が良いです。

柔らかそうなお尻も凄く可愛い。触れるなら触ってお尻を撫で回したくなります。
あと太腿!ムチッとしていて最高です!

あと効果音とか、台詞とかの文字のエロスが凄い効いてるなと思いました。
女の子が見えなくなってるところでも想像を掻き立てられます。
布団に入ってるところも、寝息とちょっとの喘ぎだけなのに焦らされてる様子が伝わってくるようです。

ちゃんと触って欲しいんだろうなぁ〜!って思ってついついページをめくってしまいます。
とにかくずーっとエッチでずーっと可愛い。
フルカラーでいやらしい姿を堪能できるので、画面の端から端まで見たくなります。
抜けるシーンの連続なので、読んでて腕が疲れちゃいました笑

事故物件×留学生 見えない幽霊の極太肉棒が妄想を掻き立てててまじでオナれるww

この漫画の1番の特徴は、想像させるエロです。この漫画に出てくる金髪少女サーニャは事故物件の幽霊にエッチなイタズラをされるのですが、その幽霊は姿もチンポも見えず、ただひたすらに快感という形の無いものをサーニャに与え続けます。そのために読者は自分がサーニャを責めているように妄想したり、透明な幽霊が一体どんなエッチな事をいまサーニャにしているんだろうと様々な解釈をする事ができます。これは全部描ききられているエロ漫画には無い特徴で、これがオナニーを進ませる一因になっていると思います。姿形の見えない幽霊とは対照的にこの主人公のサーニャはリアルな金髪外国人の超美少女です。絵もとても上手くて丁寧で、色白ムチムチのサーニャのボディは露骨なエロシーンなしでも1発抜けるほどの仕上がりになっています。そしてこの作者の画力が淫夢に悶えて下着を濡らすシーンや、汗だくムンムンの濃厚セックスシーンに冴え渡ってまるで目の前で本物のセックスが行われているような臨場感のエロシーンを作り上げています。そしてまたこの漫画の良いところが、感じている表情を微妙に隠したり、押入れの中でセックスさせてその凄まじい喘ぎ声だけを読者に見せたりと、ここでもまた想像させるエロを見せてくるのです。汗だくで頰が真っ赤になって仰け反ってオーガズムを迎えるサーニャの顔をあえて描かず、仰け反った姿だけを見せてくるシーンや、バックからイタズラされてその獣のような喘ぎ声だけを聞かせてきたり憎いエロが様々なシーンで光ります。ぜひ想像力をマックスにしてこの漫画でオナニーしてみてくださいww

事故物件×留学生 ムチムチした巨乳パイパンおま〇この金髪娘に妄想とシコる手が止まらないww

ソファーでくつろぐ金髪留学生サーニャに憑依して身体の自由だけを奪います。サーニャは意識かあるので、自分の身体が動かないのに慌てます。僕はサーニャの指を一本一本舐め回し、乳首を親指と人差し指で弄ります。僕は女の子が一人で味わう絶頂をサーニャの身体を通して感じます。股間に手を伸ばしたい欲求を抑え、そのままサーニャの恍惚とした顔を眺るために鏡台の前に移動します。サーニャの表情を見たい僕はサーニャの声と表情をサーニャに返します。サーニャは鏡に映る胸を弄る自分を見て声をあげます。「あぁぁぁ、何が起きてるの〜」僕はその声に興奮が止まりません。そのまま、サーニャの手で胸を鷲掴みにすると嫌らしい舌使いでサーニャの豊胸を舐め回します。サーニャの乳首の感覚が僕に伝わってきます。僕が心の中で「おおお」と叫ぶと、サーニャもシンクロするように「OHHHYES!」と叫びます。僕は今までのどのSEXよりも高いシンクロを感じ興奮が止まりません。まるで、僕とサーニャが溶け合うように全てがシンクロし、乳首を口にふくみ舌をレロレロと全力で動かします。僕のないはずの股間が疼き、気がつけば手はサーニャのカサカサとしたアンダーヘアを触り始めていました。いつも僕にあるものがなく、カサカサとしたアンダーヘアの下にはモッコリ膨らんでパックリと中心が割れたヴァギナに手が触れます。僕の指はヴァギナを沿うように上下に指を動かします。サーニャのマン汁が僕の指を伝います。僕はサーニャの胸を舐めるのをやめて鏡台を見ました。サーニャはとても気持ちよさそうな顔で、それでもどこか恥ずかしそうな表情で自分を見ています。僕がサーニャのクリトリスに触れた瞬間、僕の身体に強い電撃のような刺激がはしり、その直後に僕とサーニャの身体はビクっと一回震え何かが溢れてくるような尿道の刺激を感じました。僕はびっくりして、クリトリスを触る指の動きが止まりそうになりました。その時、サーニャはダメダメやめないで〜と叫ぶので、僕は痺れる身体を抑えながらマン汁全開でクリトリスを触り続けました。そして、僕はそのまま鏡台に近づきサーニャとキスをしました。サーニャの唇は鏡台越しなため硬いです。僕は夢中に鏡台のサーニャを舐め回しました。僕の手はクリトリスを離れ、サーニャのヴァギナに指3本を指しピストン運動を開始しました。気がつけば僕は、床がマン汁でビショビショになるほど、女の子の絶頂と快感に朝まで酔いしれていました。

サーニャの足の指先を口に含んでしゃぶります。そして次は腿の内側に舌を這わせ、同時に指2本で彼女の秘部を軽く愛撫していきます。彼女の秘部はすぐに濡れてくるでしょう。それから焦らすように彼女の秘部を舐めていきます。舌先を丸めて軽く挿入したり、指で軽くクリを刺激したり、彼女の快楽を高めていきます。十分喘ぎが強くなってきたところで、彼女の胸をもみほぐし、乳首をを口に含んで、軽く吸ったり、舌で転がしたり、さらに刺激を加えます。そのまま指でクリに刺激を加えながら、彼女の首筋や耳に舌を這わせて舐めまわします。彼女は欲しくてたまらなくなります。もう十分、秘部も潤ったことでしょう。私の怒張したモノを彼女の秘部に突き立てます。彼女は快楽で大きな声をあげるでしょう。私は彼女の胸を揉みしだきながら、彼女の秘部に私のモノを突き立て高速でピストン運動を続けます。彼女が快楽で失神しそうなほど、何度も激しくピストン運動を続けます。そして時折、モノで彼女の秘部内をかき回すような動きも加えます。さらにピストン運動を続けながら指で彼女の秘部のクリ周辺にも、同時に刺激を加えます。彼女は喘ぎまくって一度イッテしまうことでしょう。快楽でぼんやりして焦点の定まらないアへ顔の唇の中に私の怒張したモノを突っ込みます。そして69の体制で私は再びヌルヌルの秘部に舌を突っ込み、彼女のクリをこすり続けます。喘ぎまくりながら、私のモノを夢中に頬張る彼女の口内に私の欲望を思いっきりぶちまけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です