姉はヤンママ授乳中in熱海ネタバレ 熱海でドスケベボディの姉とエッチ三昧w

BookLive!コミックで配信されているエロマンガ
姉はヤンママ授乳中in熱海が大人気になっております!

これだけエロい身体をした姉貴が登場して
めちゃくちゃヌケるので人気になるのも頷けますねww

エロい身体をした姉ちゃんにムラムラしたことがある
ぶっちゃけ姉をオカズに抜いたことがある
姉貴が結婚することになった時、なんとも言えない気分になった
姉貴を犯してめちゃくちゃヤリタイと思ったことがある
姉貴の母乳を味わいながら、授乳手コキしてもらいたい
とにかくドスケベな姉貴とヤリまくりたい!

1つでも当てはまるものがあるのであれば
姉はヤンママ授乳中in熱海は必読のエロマンガとなっていますよw

 

姉はヤンママ授乳中in熱海ネタバレ 目の前で授乳する姉貴のエロ過ぎるおっぱいに興奮した弟は・・・!

目の前で姉が授乳している姿に私は目をそらしました。豊満な姉のおっぱいを本当は見たいのですが恥ずかしさの余り見る事ができません。そんな私に姉は「別にそんな気を使わなくてもいいよ、赤ちゃんの授乳観察してみたら」と平然と言ってきました。私は「赤ちゃんの授乳がどんなかんじか見てみるわ」とたどたどきく言うなり観察しだしました。心の中では姉のおっぱいにしか興味がなかったのですが、言葉では「赤ちゃん美味しそうに飲むね」と思ってもない言葉を発していました。そんな私を見て姉が「よかったら飲んでみる?」と言ってきたではありませんか。私は我慢できず「うん」と即答しました。姉が赤ちゃんを布団に寝かしつけた次の瞬間、姉の豊満なおっぱいが私の目の前に現れたのです。私は恥ずかしさからか「じゃあ、少しだけ」とゆっくりと姉の乳首に吸い付きました。少しだけと言ったにも関わらず興奮した私は気がついたら両手で姉のおっぱいをわしづかみにし、音をたててむしゃぶりついていました。そうしてるうちに姉も感じだしたのが「あん、あん」と声を出してきました。もう興奮した私は我慢できなくなり姉のおっぱいを触っていた手が自然と姉の下半身に伸びていきました。姉は嫌がるどろろか感じている事がさらに大きくなり自分からパンティーを脱いでしまいました。「下も舐めて」と言う姉の言葉に私の口はおっぱいから下半身に。そのままの流れで自然にセックスをしている私に姉が一言「これから帰省している時はエッチしようね」と言った言葉に私は姉の帰省が待ち遠しくて指折り数えるようになりました。

 

姉はヤンママ授乳中in熱海ネタバレ 実家に帰省した姉のおっぱいを見てっ興奮した弟と禁断の関係になっちゃうビッチ姉w

私の姉には小さなころは良く面倒を見てもらっていましたが、姉が県外の大学に進学してからはめっきり会う機会が減ってしまいました。大学時代には、学業とバイトが忙しかったそうで正月などでもほとんど帰省していませんでした。また、私も高校は県外の高校で寮に入ってしまい、そのまま県外の大学に進んだため高校、大学時代はほとんど会うことがありませんでした。大学卒業後、私は実家に戻り、地元に就職しました。姉は、私が帰省する2年前に長男を出産、続けて次男を出産し私よりも先に帰省していました。会うこと自体が久しぶりすぎて、初見で姉と認識できませんでした。むしろ、自分の想像とは違い、姉は非常にスレンダーな体になっており、とても子供を二人産んだとは思えない程、色気が漂っていました。話すにも会話の内容が見つからず、困っていると、姉がおもむろに胸をだし、次男への授乳を開始しました。一瞬でしたが、胸を見てしまい私は、不覚にも興奮してしまいました。しかし、姉である以上なにかすることはできず、その場はひたすら興奮を抑えました。それからというもの、姉の体に興味が出てしまい、お風呂の隙間からバレないようにのぞいてみたり、トイレの音などを澄んで聞いてみたりと変態的なことをしていました。ある日、お風呂をのぞこうとした瞬間、姉がお風呂の扉を開けてのぞこうとしたのがばれてしまいました。怒られると思いきや、「見たいんでしょ」と言い、私を脱衣所の中に入れてくれました。そして、タオルを取り裸体を見せてくれました。なんでだと思う反面、興奮もマックスになり、私たちはそのまま禁断の関係になってしまいました。今までそれほど関わることが少なく、久々の再開で容姿が変わっていたこともあり、姉も私のことをかっこよいと感じていたと後で聞きました。それからというもの、姉の子供が寝た後には、姉の部屋に行き夜な夜な禁断の関係をとっています。

 

姉はヤンママ授乳中in熱海ネタバレ 姉貴との授乳プレイの後で最後までいっちゃうイケナイ姉と弟w

その様子をジロジロ見ていると、授乳も終わり次男を寝かしつけた。長男は外へ遊びに行き、この密室に姉貴と2人っきりになった。姉貴も弟である私の視線に気付きそうしたのか、空気を読んだのか、同じことを考えたのか、何も言わずに私に接近してきた。私は姉弟の関係を忘れ、姉の胸にしゃぶりついた。次男に授乳をしていたように、私にも授乳をさせた。姉も溜まっているのかゆっくりと着ていた服を脱ぎ捨て下着姿になった。私の下半身はもう最高潮で、姉貴より先に服を脱ぎ捨てたのは言うまでもなくそこからの行為は姉弟関係を越えた、男と女の禁断の肉体関係だった。私への授乳が終わると、姉貴の乳を両手で鷲掴みにし舐めまわした。姉貴もされるのを待っていたかのように私にされるがままに身体を許した。全身を舐めまわした後は、ゆっくりと下半身のマッサージをする。私も同じように下半身のマッサージをされる。姉貴の身体は火照り、恥ずかしそうにしていたので何も言葉を交わさず阿吽の呼吸で行為が進められていく。お互いはもう最高潮になり、姉弟の禁断の本番行為が始まった。エロい肉体で次男の授乳から始まり、まさか弟である私と禁断の行為に発展するなんて思ってもいなかった。家には運が良かったのかみんな出掛けて誰もいなかった。次男が眠りから覚めないようお互いに声を殺して楽しんでいた。セックスレスだったのか姉貴も久しぶりだったようで、顔からは満足感が見て伺えた。今回のことは2人だけの秘密にして、また再び機会があったらすることを約束しました。

 

姉はヤンママ授乳中in熱海ネタバレ 気持ちよすぎる姉のフェラテクにそのまま姉の口にぶちまけるw

私は実は姉に禁断のおもいをよせていたのです。恋とはまた違うのですが、姉に性的な気持ちがあり、いつも姉をエロい目で見ていたりします。姉はそんなことも気にせず、家の中なので薄着で歩いたり、下着でうろついたりしています。そんな彼女にムラムラして、いつま部屋で姉のエロい姿を思いだしながら一人で抜いています。そして、ある日、両親が出掛けていて、家には姉と私だけ。姉が風呂に入ってる隙に、姉のパンティを脱衣室から拝借して、私はその匂いをかぎながらオナニーにふけっていました。あまりにも興奮しすぎて、夢中になってしまっていました。姉が部屋に入ってきたことに気づきませんでした。何してるの?の言葉で我に帰りましたが、完全にみられています。勃起したあれに、片手にパンティ。終わったと思いました。しかし、姉は怒りはせず、優しく話を聞いてくれました。姉は私がエロい目で見てるのを知っていました。でも、いつかは飽きるだろうと思い放置してきたそうです。姉は私のエロいおもいを理解してくれました。でも、姉弟だから、結ばれては活けないこと。両親が悲しむことはしたくないと、話をしてくれました。でも、私の苦しみも理解したと。そして、姉はおもむろに服を脱ぎ出し全裸になりました。両親が帰ってくる前にねと言い、私のまえに来ました。初めて観る全裸の姉。夢にまで見た姉の全裸。とてもキレイで見とれました。そして、姉はベッドに座る私の前に膝をついて座り、私のをしゃぶり始めました。音を立てながらエロくしゃぶる姉はとてもエロく、そして愛しかったです。とても気持ち良くて頭がボーっとします。そして、あまりにも気持ち良すぎてあっと言う間にフィニッシュです。姉の口に出してしまいました。姉はそれを飲んでくれました。姉は、微笑み、たまにしてあげるから、これで我慢してね。そして、やはり姉弟だから、あなたも普通に他の人を好きになってね。それまではお姉ちゃんが助けてあげるから。と。嬉しくて涙が出ました。姉のためにも自立しようと思いました。しかし、今は姉のフェラの虜で、しばらくは無理そうです。

姉はヤンママ授乳中in熱海ネタバレ 風呂上がりに裸でうろつく姉貴の身体を見てムラムラする弟w

授乳中は弟がなんとかこらえるが姉が子供とお風呂上がりのはだけた姿を見てもんもんとしだす。一方の姉は気づいていないふりをしてやりすごすが本当ははだけた姿を見られた事ももんもんとしている事にも気づいている。子供たちがようやく寝て、つかの間の自由な時間をリビングでビールを飲みながら過ごす。そこへ弟もお風呂から上がりビールを飲み出す。久しぶりの姉弟の会話を楽しんでいるところへ姉は弟のそばへ少し近寄る。ふんわりシャンプーの良い香りがし弟は忘れていたもんもんを思いだしそわそわしだす。だが姉は座り方をなおしただけを装いまたお互いの、近況や雑談を始める。お互いホロ酔い状態になった時、ふいに手が触れ合う。触れ合うも姉はそろそろ寝るーと子供たちが寝ている部屋に向かう。その日は弟がドギマギするだけで終わる。翌日先に寝ていた弟の部屋へ姉がやってき弟のベッドへ潜り込み一緒に寝出す。弟は驚き子供たちをほっとくのは良くないと言うも二人とも両親と一緒に寝ているから大丈夫との返答。ベッドの中で密着していることもあり弟の理性が崩れそうな状態だかなんとか冷静な態度で寝るスペースが狭くなりかえって疲れると突っぱねる。姉はクスッと笑い弟の下部をまさぐりはじめ、言ってることと身体の反応は違うみたいねと耳元でささやく。そのまま耳に息を吹きかけられ弟の理性が保てない状態へと近づく。限界に達した弟は堪えきれずそのまま姉と欲望のまま身を投じる。

姉はヤンママ授乳中in熱海ネタバレ すぐ横で姉貴の子供が寝てるのに、姉貴に襲い掛かっちゃう弟w

とりあえず昼間から色々子供の面倒みたりの様子見から始めます。姉とも多く話をして今が幸せか、旦那の事を好きかを沢山話をしていきます。とりあえずそれも楽しいですし、昼間はそれだけ…。出来ないと思うし妄想も入るのですが、夜に姉の寝室に忍び込み寝ている所を弄る事をしていきたいと思います。とりあえず体を揺らして起きているか確認後、太ももからシャツの中ブラの中に手を入れ起きない様に優しく触る。その後パンツも横から手を入れてあそこも触ってみたいです。もし起きても、子供の声がして見に来たと言い訳しつつ暫くは過ごそうかと思います。暫くそのかんけを続け、もし、姉が悩みとか今の生活に不満がある様なら色々話を聞いて心をもう一段階開かせようとおもいます。「大丈夫、俺は姉さんの味方だよ。」と実際本当の事を言いつつもしもう一段階仲良くなれたなら昼間でも抱きついてギュッとして暫くいようかと思います。少しずつ抱き合える回数を増やしていき、子供を交えて一緒にいて、何処かで2人でいる時に「姉さん好きだよ。」と伝えて見ようと思います。もし拒否無ければその場でキスをしてちょっと身体を弄りたいです。その後ダメでも有りでもその関係を続け、姉が家へ帰る直前辺りに夜に寝ている所へ夜這いしたいと思います。「最後だから」「ずっと好きだった」「これで最後だから」と言いつつ襲い大きな声を出そうとしても「子供が起きるよ」等行って姉と寝たいです。勿論禁断の恋、それで思いを断ち切りその後も姉を大事にしつつ新しい恋も探していきたいです。

姉はヤンママ授乳中in熱海ネタバレ 姉貴に3人目の子供を孕ませる気満々で中出ししまくる変態弟w

妊娠した夫婦でしか出来ないことをしたいです。姉弟でそういうプレイをするので、背徳感が増して、普段よりも興奮すると思います。まず、母乳プレイです。後ろから抱き着いてカップルみたいに密着します。そして、「前から気になっていたんだけど、母乳ってどんな味がするの?」と姉に聞きます。「飲んでみてもいい?」とさらに尋ねて、「いや」、「飲ませて」という問答をラブラブに何回かやります。最終的には飲ませる形にして、姉に「赤ちゃんがもう一人増えた」と言わせるぐらい甘え倒します。それから赤ちゃんプレイです。二人とも全裸になって、離乳食みたいなものを、姉から「あーん」という形で食べさせてもらいます。そして、たまに母乳を飲みという形を繰り返します。もちろん、他にリクエストがあれば基本的に赤ちゃん言葉で言います。次に、旦那とどっちが気持ちいいのかを言わせます。姉を取られたせいで、弟の中には常に嫉妬心があります。そこで、自分のものにしたいがために、どっちがいいか聞くのです。その時に、姉の中で葛藤するシーンがあると更に興奮すると思います。最後には、「弟のほうが気持いい」と言わせて、征服欲求を満たします。最後に姉を孕ませて3人目を産ませることです。やっぱり一番の幸せは好きになった人の子供を得ることです。そのために、二人で愛し合っているときに、「孕ませたい」や「生みたい」などの会話をします。そして、フィニッシュして、二人で幸せそうにキスをして終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です